FC2ブログ
現在、新中2生には予習形式で授業を行っています。
先に計算だけきっちり理解してもらい、理解に時間のかかる証明(文字式)と連立方程式の文章題にじっくり時間をかけるためです。

本日で、文字式の計算は終了し、連立方程式の代入法まで進みました。
(数学が特に苦手な生徒さんの場合、私は代入法の指導をしないことがあります。学校では習いますが・・)
加減法は問題バリエーションが豊富なため、次回以降スモールステップで進めていきます。

現在指導している生徒さん、計算の速いこと速いこと。
私が途中式をきちんと書きながら問題を解く速さとほとんど変わりません^^;
そして正答率は高いです。これは数学を勉強する上で、大きな強みになります。

速く正確に解けると、難しい問題に当たったときも、計算以外の複雑な思考のほうに意識を向けられるからです。
計算でいっぱいいっぱいになっている場合、そういった複雑な思考を要する部分までに意識が向かず、結局「何を問われているのかわからない」という状況に陥ることがしばしばあります。


そんな彼女も、やはり計算は分数・小数を苦手にしています。
でも今週頑張って、とても上手に正確に解けるようになってきました。
理解も速い生徒さんのため、中2内容を指導しつつ、苦手なところは中2単元の中でゆっくり補っていくという形でしばらく様子を見てみます。
スポンサーサイト
2013.03.28 Thu l 数学 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kuroneko100ten.blog.fc2.com/tb.php/70-c8a05969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)